アメリカンダックス

おっはー

ミスターです

本日出発のアメリカンダックスです

遠いところに出発です

しっかりレストアしてもらってくださいね

ありがとう〜!

アメリカンダックスもパーツ少ないんでこれから貴重です。

9 Replies to “アメリカンダックス”

  1. 先日はどうも。どうやってレストアしていこうか帰りみちみち妄想していました。
    「オリジナル追求もいいけど、キャンディーカラーにするのもアメリカンぽくっていいな・・・。でもせっかくボロボロにくたびれた感じだから、外観このままで走らせるのも車検の無いアメリカっぽくて逆にかっこいいかも」とか考えていました。
    で、このダックスを見た息子が「すげーボロボロのバイクがあると思ったらお父さんのか。でもこれはこのまま(ぼろいまま)のほうがいいんじゃね?」
    おお!やはりそう思うか。よし、浜松仕様ならぬ世紀末MAD MAX仕様に決定だ!
    とりあえず走れるようにすることからはじめてみます(そのまえにモトコンポ終わらせないとだけど)。

    1. 村◯さん
      世紀末仕様しいですね!
      マッドマックス仕様!
      めっちゃ気になります!
      今後いろいろ進展しましたら教えてくださいね!
      モトコンポも気になります!
      今後目が離せないですよ〜

  2. やっとモトコンポのレストア終わりました。予定外の外装塗装までしたので結構時間かかっちゃった。
    2stなので低速スカスカ、回転上がってやる気出したら振動大きいしまっすぐ走らないしおっかない、運転しにくいったらありゃしないが、めちゃくちゃ楽しい。
    レストア前後の写真載せておきます。
    https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-wv264xuzsybccneyjzk3ocnvza-1001&uniqid=a4370a69-8497-4b6b-a302-d895730a24a5

    さあDax君おまたせしました次は君の番だ!
    改めて見るとかなりくたびれてるね^^
    やりがいありそうだ。

    つぎからDaxの進捗報告しまーす。

  3. Daxのレストア開始です。
    まずはエンジンオイルのチェックを(APEの時は焼き付いたエンジンでオイル空っぽだったし、チョイノリの時はエンジンに穴開いてて水が出てきたので。。。)。
    汚れてるがオイルはしっかり入っていたので一安心。新しいオイルに交換して気兼ねなくクランキング。
    次にプラグのチェック・・・火花飛んでません。
    イグニッションコイルかポイントあたりがあやしそうなのですが、Daxってコイルはずすにはガソリンタンクとエンジン下ろさないといけないことが判明。。。メンテナンス性悪っ!
    とりあえずガソリンタンクはずすことにしたのですが、全てのボルトをはずしてもガソリンタンクが外れてこない。どうやらガソリンホースが劣化してカッチンカッチンのプラスチックみたいになってつっぱっているらしい。ホースをバッキバキに折ってなんとか取り外し成功。
    エンジンはわりとすんなり下ろせたのでここからまたっチェックしていきます。

  4. お世話になります
    ミスターです
    村◯さん
    ついに開始ですね。
    写真等撮っておいてくださいね
    まとめて送っていただければレストアの紹介できます。
    いつでも写真送ってくださいね
    よろしくお願いします。

  5. Hiミスター
    写真ですか…
    世紀末仕様だから壊してんだか直してんだかわからないかも。。。
    一応インスタ映えしない写真撮っておきます(笑)

    ●レストア進捗
    プラグの火花飛ばない原因はポイントでした。
    接点磨いて、点火タイミング調整したら火花飛ぶようになりました。いずれポイント交換は必要だけど今はとりあえずこれでOK。
    早速、エンジン乗せなおしてパーツクリーナーを燃料にしてキック、キック、キック・・ブロローン。
    こいつ動くぞ!
    点火系の基本確認はとりあえずOK。

    次は燃料系確認していきます。

    人様のHPでブログのようにちょいちょい進捗報告を書いていきたいと思いますので、気になる話題があったときにつっこんでください。

    1. MURATADAさん
      お疲れ様です
      良いですね期待してます世紀末使用
      モトコンポは完璧だったんで期待です!
      燃料頑張ってください
      写真よろしくお願いいたします!

  6. Hi ミスター
    モトコンポの紹介ありがとうございます。なんかハードル上がりまくってる気がする。。。

    さて燃料系。
    まずはガソリンタンク。
    タンク内錆っさびなので、ケミカル(サンポールですが何か?)でさび取後、レストアマニアには有名らしい「タンクシーラー」ってのでコーティング。タンク内の写真はうまく取れませんでしたが、いい感じでコーティングできた・・気がする。でもDAXのタンクはちっちゃいので、タンクシーラがたっぷり余りました。何かに使えるかもしれないから一応とっておこう。

    次はキャブレター。
    あれ?ガソリンコックってキャブレターについてるんだ。これってカブ系だと普通?メンテやりにくそう。
    キャブを開けてみましたが思っていたよりもきれいでした。
    さすがにジェットの穴は詰まっていましたが。メインジェット外して穴掃除。お次はスロージェット・・・??あれ?スロージェットが圧入されていてはずれない。モトコンポはメインが外れないタイプだったけど、今度はスロー?これって何か意味あるのかな。
    困ったのはこのスローの穴も詰まっていたこと。洗油に付け込んでもキャブクリーナーに付け込んでも、鍋でぐつぐつ煮込んでも全く開通しない。仕方ないので0.2mmのピンバイスで慎重に開通させました。

    キャブを取り付けてエンジン始動。無事アイドリングできました。
    異音や白煙等チェックしましたが、大きなトラブルはなさそう。マフラーの排気漏れもなさそうなので、とりあえず今のところはこれでOK。

    次は足回り関係チェックしていきます。

  7. Hi ミスター
    しばらく時間が空いてしまいましたが、足回り関係チェックしました。
    ミスターから購入時には13インチホイールがついていましたが、よく見るとドリブンスプロケットも36丁に変更されていました。
    標準が10インチホイールで41丁だから、何という最高速重視セッティング。原付で?前オーナーは耐久レースでもやってたのかしら。
    このままでも良かったのですが、オリジナルの様子も知っておきたいこともあり、ヤフオクでスイングアーム+フロントサスつき10インチ前後ホイールセットを\5000ほどで落札。交換した様子がこれです。かねり雰囲気かわりますね。
    https://box.c.yimg.jp/res/box-l-wv264xuzsybccneyjzk3ocnvza-1001?uid=7c8c0123-162d-41e3-8b58-7528a71dd447&etag=cf42d9ec5270bbef92ca8a3e9aacbe33

    とりあえずすべての部品がそろったので、走らせてみました。
    うん、走って、曲がって、ギアチェンジして、止まることは出来た!
    急いで(でもないが)ここまでのチェックを終わらせたのは、大事な部品の欠品や故障があった場合、ヤフオク等で部品探しをしなければならなかったから。これならあとは消耗品の交換や流用でなんとかなるかな・・・たぶん。

    ではここから一度全バラしてじっくり組み立てていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください